メンズこそメガネヘア

JINShair TREND #10

メンズヘアはメガネ次第で幅が広がる。
RUNOの中島さんが
組み合わせの妙でセンスを見せる。

きれいめだけで終わらせない
顔まわりで語る上品な個性

あとがき

裏切りには良いものと悪いもの2種類ある。良い裏切りはギャップと呼ばれて自分に深みを出してくれる。それは性格に限らず服に関しても。スラックスとニットの王道きれいめスタイルなら髪型もきれいめにしたいところだが、それではあっさりしすぎかも。リッジのきいたパーマでグランジに決め、多角形のフレームでひとさじの主張を加えれば、品はあるのに個性的。アイテムごとのセレクトに意図も感じられて、自分らしい世界観が出来上がる。

美容師メモ

サイドはツーブロックで表面はボブベース。動きがでるようにトップにレイヤーを入れる。全体が無造作に動くように縦巻きのスパイラルパーマで中間から毛先をねじってかける。立体的になるようにフォワードとリバースを交互にかけるのがポイント。パーマには王道の丸メガネもいいけど多角形のフレームでもうひとくせつけると洗練度が増す。

Hair Designer:中島和弥(RUNO)の写真

Hair Designer 中島和弥(RUNO)

美容師のほか、ヘアメイクそして時には雑誌のモデルとして誌面を飾るなど、オールマイティに活躍。ファッションと好バランスなヘアスタイルが得意でモデルからも愛されている。

  • Model:中田限
  • Photographer:奥村浩毅