メンズこそメガネヘア

JINShair TREND #11

メンズヘアはメガネ次第で幅が広がる。
Sètéの河内さんが
定番を新たな解釈で再構築する。

常識にとらわれないマッチングで
ニュースタンダードを築きあげる

あとがき

「古きを知り新しきを知る」ではないけれど過去のカルチャーからインスパイアされ、着こなしをアップデートできるからファッションは追及しがいがある。新しさはゼロから生まれないのもおもしろい。このスタイルを紐解くとマッシュ、そしてウルフを組み合わせているのがわかる。メガネをあわせるなら定番よりもメタルよりもクリア。ヘアに見合う個性派メガネで釣り合いを保って。一歩先行くヘアデザインはフレーム選びもぬかりなく。

美容師メモ

フロントとバックのフォルムで人とは違う雰囲気を演出。襟足が長くても野暮ったく見えないように耳は出してすっきり感を残す。メガネギリギリにマッシュラインを設定し、メガネも前髪も印象的に。メタルや太めのメガネだと前髪のラインとフレームが交錯して気になるのでマッシュラインを邪魔しない肌に溶け込むクリアフレームがベスト。

Hair Designer:河内章吾(Sèté)の写真

Hair Designer 河内章吾(Sèté)

広告や過度な割引を使用せずに勝負している職人気質なサロンの店長。メンズカットセミナーを毎年開催しており、そのテクニックを学ぼうと多くの美容師が足を運んでいる。

  • Model:安井英村
  • Photographer:奥村浩毅